ホーム > 会長挨拶

会長挨拶

会長:虫明 優(2019-2020年度)

本年度RI会長マーク・ダニエル・マローニー氏は「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、
ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、
行動を起こすための「つながり」を築いていくことを提唱されました。

地区ガバナーの古瀨俱之氏はI‘m a Rotarian」をスローガンに掲げ、「人々をつなぐ」「行動する」ことを重視し、「クラブのサポートと強化」を強調されました。

倉敷ロータリークラブでは、RI会長、地区ガバナーのテーマ・スローガンを受けて、
We are Rotarians!を掲げます。
我々ロータリアンは、一人一人が職業上の高い倫理基準を保ち、日々奉仕の理念を実践することが求められていますが、同時に、奉仕の理念で結ばれた職業人の集いであるクラブが、会員全員で力を合わせ、奉仕を実践していくことも大切な活動です。
じております。

本年度は「We are Rotarians!」を合言葉に会員が「つながり」、全員で親睦・奉仕に力を注ぎ、あわせクラブのサポートと強化を図っていきたく、下記のとおりの重点目標を掲げたいと思います。目標達成に会員皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。 


   




  

重点目標

      1.会員増強    純増3名

       2.戦略計画の推進

       3.奉仕活動の推進

 

       4.公共イメージと認知度の向上

       5.ロータリー財団と米山記念奨学会への支援

           * ロータリー財団 
               年次寄付     150ドル/1人

               ポリオプラス寄付   30ドル/1人

               ベネファクター      1人

           * 米山記念奨学会

               普通寄付     5,000円/1人 

               特別寄付    10,000円/1人

           * ロータリーカードの普及  取得率アップ